リサイクルについて

投稿日:2020.11.1 | category :

北総フォレスト 社員ブログ担当です。

今後社員ブログでは当社での業務内容のご紹介や、会社行事のレポートをしてまいります。

 

さて第1回目は

~リサイクル業務について~

 

当サイト内でイラストによる説明がありますが、実際の写真を使って詳しくご紹介します。


1次選別

伐採作業等により排出された木くず、枝葉、根、幹などの木質系廃材の中から

幹の部分、いわゆる丸太とその他の部分に選別します。

そして丸太材を2種類に分類、それぞれリサイクルします。

A. 木材利用が可能な木の中心部分となる幹良材

→木材市場に販売され木材として再利用されます。

B. 木材利用は難しい枝や根に近い部分の幹B材

→紙製品の材料や破砕しバイオマス発電の燃料になります。

選別後リサイクルセンター内の丸太置き場にて保管されます。


1次破砕

幹を除いた木くず、枝葉、根は1次破砕により

300mm×300mm

のスクリーンで荒破砕されます。


2次選別(3選別)

荒破砕を行った木材チップを大きさによって3種類に選別します。

① アンダー材(25mm以下)

 

 

 

 

 

 

② ミドル材(25mm~90mm)

2種類のサイズで製品として堆肥副資材、マルチング材、土壌改良剤として

畜産関係、果樹園などで利用されます。

③ オーバー材(90mm以上)

2次破砕を行いバイオマス発電燃料として利用されます。


次回は各チップの活用例をご紹介致します。

北総フォレストでは作業現場への回収、

またリサイクルセンターへの持ち込みも承っています。

お気軽にご相談ください。